お電話でのお問い合わせ

 045-325-7885

骨粗しょう症

骨粗しょう症とは

骨粗しょう症画像

骨の強度(骨密度)が何かしらの原因によって低下することで、骨がもろくなる、あるいは骨折がしやすい状態になっていると骨粗しょう症と診断されます。同疾患は、閉経後の女性や高齢者に好発しやすいのも特徴です。

骨粗しょう症は大きく、原発性骨粗しょう症と続発性骨粗しょう症の2つに分けられますが、全骨粗しょう症患者の約9割が原発性と言われています。なお原発性骨粗しょう症には、閉経を起因として発症する閉経後骨粗しょう症、高齢者(65歳以上)にみられる老人性骨粗しょう症が含まれ、それらの患者さまが大部分を占めます。その他、少数ではありますが栄養バランスの偏り、遺伝的要因などが原因で発症する患者さまも見受けられます。一方、続発性骨粗しょう症の患者さまは、特定の病気(内分泌疾患(副甲状腺機能亢進症 など)、関節リウマチ、糖尿病をはじめとする生活習慣病 など)やステロイド薬を長期服用するといったことなどが起因となって発症するタイプになります。

発症することで現れる症状に関してですが、骨の強度が低下していくことでみられる症状というのはありません。したがって病状を進行させやすくなるのですが、その過程において、以前よりも身長が低くなった、背中や腰が曲がった気がする、あるいは背中や腰に痛みを感じるという場合は、骨粗しょう症が疑われますので一度ご受診ください。これらの症状に気づかず、さらに進行させるようになると、何かの拍子につまずくなどして手首などをついた際に骨の変形や骨折が起き、その治療の際に医師から告げられて初めて気づくというケースも少なくありません。なお骨粗しょう症患者さま(とくに原発性)によくみられる骨折部位は、手首(橈骨遠位端)、脊椎圧迫骨折、足のつけ根(大腿骨近位部)です。なお大腿骨を骨折すると寝たきり状態になる可能性が高くなるので要注意です。

閉経後骨粗しょう症の発症メカニズム

ちなみに全骨粗しょう症患者さまのうち女性の割合は約8割とされ、その原因のほとんどが閉経後の女性ホルモン低下によるものと言われています。その発症メカニズムですが、女性は閉経を迎える(多くの女性は更年期と呼ばれる45~55歳の時期)とエストロゲン(女性ホルモン)が著しく減少するようになります。このエストロゲンには、骨の新陳代謝に対して骨吸収のスピードを緩める効果があるとされる成分が含まれています。したがって、これが減少すると骨吸収のスピードは速まっていき、骨形成が追いつかなくなっていくのです。そして骨はまるで鬆(す)が入ったようなスカスカの状態となっていき、もろくなっていくのです。そのため、女性につきましては更年期に差し掛かる40歳を過ぎた頃から定期的に骨粗しょう症の検査を受けられることをお勧めします。

骨粗しょう症検査について

骨粗しょう症の検査は様々ありますが、一般的にはX線(レントゲン)あるいはMRIを用いた脆弱性骨折の有無の確認、いわゆる骨密度検査が行われます。この骨密度とは、単位体積あたりの骨量(骨の中のカルシウムの量)のことです。また一口に骨密度検査と言っても測定法(DXA、QUS、QCT、RA(MD) など)はいろいろですが、当院では今後超音波による骨密度測定を予定しています。

治療に関して

治療の目的は骨密度の減少を防ぐことですが、その対策は日頃の生活習慣を改善することで可能となります。それゆえ「骨の生活習慣病」とも骨粗しょう症は言われ、生活習慣病と同じように食事療法や運動療法が大切です。

なお検査の結果、骨粗しょう症と診断された場合は、薬物療法による治療がメインとなり、併せて生活習慣の改善も行っていきます。それぞれの治療法は次の通りです。

食事療法

骨のリモデリングに必要とされるビタミンD・K、カルシウムやたんぱく質・コラーゲンといった骨の主成分となる栄養素を積極的に摂取していき、バランスのとれた食生活を心がけていきます。

骨を壊す働きをする破骨細胞が骨を吸収していく一方で、骨をつくる働きをする骨芽細胞が、破骨細胞によって吸収された部分に新しい骨をつくる代謝作用

運動療法

体重の負荷をかける運動が骨を丈夫にするのに適しています。ただその強度は、骨に適度な負荷をかけるだけで充分です。具体的にはウォーキングのような軽度の運動(1回30分程度)で充分です。最も重要なのは無理をしない運動を長く継続させることです。

薬物療法

医師が必要と判断した場合に行われます。使用される治療薬は、主に骨の材料を補う薬(ビタミンK、カルシウム製剤や活性型ビタミンD3製剤など)などが用いられます。

クリニック名
江川整形外科・リハビリテーション科
院長
江川 明祥
診療内容
整形外科・リハビリテーション科
住所
〒231-0033
神奈川県横浜市中区長者町8-135
ザ・タクト横浜ビル2階
TEL
045-325-7885
最寄駅
横浜市営地下鉄ブルーライン伊勢佐木長者町駅から徒歩8分京浜急行日ノ出町駅から徒歩5分JR桜木町駅、JR関内駅より徒歩10分
診療時間 日祝
9:00-12:30
14:00~17:00

休診日:月曜・日曜・祝日
※午前受付は12:00まで、午後受付は16:30までとなります。