お電話でのお問い合わせ

 045-325-7885

整形外科

整形外科とは

整形外科画像

日本整形外科学会認定の整形外科専門医である当院長が担当します。当診療科では、主に運動器(骨、筋肉、関節、神経など)で起きたとされる症状や疾患を中心に診療いたします。なお整形外科は、小さなお子さまからご年配の方まですべての世代の方を対象としています。そのため、保護者の方から見て、お子さまの歩容や関節の動きがおかしいなどの場合も遠慮なくご相談ください。

首や肩などが凝っている、腰を捻った、転んで打撲した、捻挫や骨折、手足など一部の部位にしびれがある、関節や神経が痛いなど日常生活でよく見受けられる症状はもちろん、スポーツの最中に発生したけがや障害についても診察・検査・治療を行っています。また、単に治療をするだけでなく、運動能力を回復するためのサポート(寝る、起きる、座る、立つ、歩くといった基本動作 など)としてリハビリテーション等による機能回復も当院のリハビリテーション室にて実施しています。

運動器に異常を感じて来院された患者さまには、まず問診や身体診察(徒手検査、関節可動域測定 など)から始めていきます。その際に発症の原因、症状の程度などを調べていきます。
なお、初期診療の結果、レントゲン、CT、超音波検査など高度医療機器による検査や治療、入院加療が必要となった場合は、杏林大学などの大学病院や専門の医療機関をご紹介します。

このような症状があればご来院ください(例)

  • 肩や首が凝る
  • 腕が上がらない
  • 首、肩、腕、肘、手などが痛む
  • 腰、股関節、膝、足、背中などが痛む
  • ぎっくり腰になった
  • むち打ち症になった
  • 手足がしびれる
  • 手指がこわばる
  • 歩きずらい、ころびやすい
  • 排尿が調子悪い
  • 指を伸ばす時に引っ掛かる
  • 突き指をした
  • 捻挫、骨折、打撲、脱臼をした
  • 切り傷、すり傷、やけどなどの外傷を負った など

症状別にみる整形外科領域の代表的疾患

よくみられる症状 考えられる主な疾患
首の痛み、肩のこり 頸椎症、寝違え、むち打ち症、頸椎症性神経根症、頸椎椎間板ヘルニア、頸肩腕症候群
肩の痛み 五十(四十)肩(肩関節周囲炎)、肩腱板損傷
腰の痛み 腰痛、ぎっくり腰、腰椎椎間板ヘルニア、変形性腰椎症、腰部脊柱管狭窄症、胸・腰椎圧迫骨折、腰椎分離・すべり症、坐骨神経痛、骨粗しょう症
足の痛み 足底筋膜炎、扁平足、アキレス腱断裂
足指の痛み 外反母趾、巻き爪(陥入爪)、痛風
肘の痛み 上腕骨外側(内側)上顆炎(テニス肘、野球肘など)、肘内障、肘部管症候群、変形性肘関節症、離断性骨軟骨炎
膝の痛み 変形性膝関節症、靭帯損傷、半月板損傷、オスグッド病(小児)、関節水腫、関節ねずみ(関節内遊離体)
すねの痛み シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)
手・手首の痛み 手根管症候群、関節リウマチ、腱鞘炎、手指変形性関節症
指の痛み ばね指、突き指、デュピュイトラン拘縮、ヘバーデン結節
ももの付け根の痛み 変形性股関節症、単純性股関節炎
手のしびれ 頸椎椎間板ヘルニア、手根管症候群
足のしびれ 腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、慢性閉塞性動脈硬化症(ASO)
クリニック名
江川整形外科・リハビリテーション科
院長
江川 明祥
診療内容
整形外科・リハビリテーション科
住所
〒231-0033
神奈川県横浜市中区長者町8-135
ザ・タクト横浜ビル2階
TEL
045-325-7885
最寄駅
横浜市営地下鉄ブルーライン伊勢佐木長者町駅から徒歩8分京浜急行日ノ出町駅から徒歩5分JR桜木町駅、JR関内駅より徒歩10分
診療時間 日祝
9:00-12:30
14:00~17:00

休診日:月曜・日曜・祝日
※午前受付は12:00まで、午後受付は16:30までとなります。