お電話でのお問い合わせ

 045-325-7885

腰痛

腰痛とは

腰痛画像

最下端の肋骨から臀溝までの範囲にて現れている疼痛のことを腰痛と言います。原因の多くは、これらの範囲(腰椎や臀部)で何らかの負担がかかる、あるいは障害が起きるといったことで発症します。ただし、その大半は発症してから一ヵ月後には改善するようになる一過性の急性腰痛(ぎっくり腰 など)のケースがほとんどですが、この場合は再発する確率が高いです。また発症してから3ヵ月以上経過している腰痛のことは慢性腰痛と診断されます。

なお腰痛の症状というのは、必ずしも整形外科領域の疾患とは限らず、腎・泌尿器系や婦人科系、循環器系、精神神経系の病気による一症状ということもありますので、決して自己判断はせず、医療機関にてしっかり鑑別するようにしてください。ちなみに腰痛を訴えて来院された方のおよそ8割程度は原因が特定できないとされ、原因が特定できる腰痛は特異的腰痛、原因がはっきりしない腰痛は非特異的腰痛と言われています。

特異的腰痛とは

特異的腰痛は、原因が特定できる腰痛ですが、この場合は脊椎、椎間板、筋・筋膜といった部位で障害が起きていることがほとんどです。これらに異常があれば、腰痛を軽減させる方法として、まず原因疾患を治療するようにします。

特異的腰痛の主な原因

変形性腰椎症、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、脊椎外傷、脊椎分離(変性)すべり症、骨粗しょう症、有痛性骨格筋過緊張、脊椎感染症、炎症性疾患(関節リウマチなど)、筋・筋膜性腰痛、腎結石、尿路結石、腎盂腎炎、子宮内膜症、子宮筋腫、妊娠、腹膜炎、胆石、胃・十二指腸潰瘍、腰部大動脈瘤、解離性大動脈瘤、うつ病、神経症  など

非特異的腰痛とは

先にも述べたように原因がはっきりしない腰痛ですが、心理的要因の不安やうつと仕事や家庭などによるストレスといったものが複雑に絡み合うことで脳が腰痛を感じてしまうのではないかとも言われています。このような場合は、できるだけストレスを軽減できる工夫を試みる、心療内科でも診療を受けるなどして、可能な限り痛みが和らぐ取り組みを行っていきます。

検査、治療に関して

腰痛を診断する検査としては、問診や身体診察(徒手検査)のほか、X線検査、CT、MRI、超音波検査などの画像検査などがあります。その結果、腰痛の原因まで判明した場合は、原因に合わせた薬物治療や理学療法、さらには生活指導や腰痛体操を行っていきます。

なお非特異的腰痛と診断された場合は、患者教育のひとつとされる認知行動療法のほか、運動療法によるストレッチングや腰痛体操が中心となります。患者さまが痛みを強く訴えている場合は、薬物療法として、非ステロイド性消炎鎮痛薬(NSAIDs)を使用するなどします。

クリニック名
江川整形外科・リハビリテーション科
院長
江川 明祥
診療内容
整形外科・リハビリテーション科
住所
〒231-0033
神奈川県横浜市中区長者町8-135
ザ・タクト横浜ビル2階
TEL
045-325-7885
最寄駅
横浜市営地下鉄ブルーライン伊勢佐木長者町駅から徒歩8分京浜急行日ノ出町駅から徒歩5分JR桜木町駅、JR関内駅より徒歩10分
診療時間 日祝
9:00-12:30
14:00~17:00

休診日:月曜・日曜・祝日
※午前受付は12:00まで、午後受付は16:30までとなります。